自社の経営参謀を探せ!経理代行SEARCH » 経理業務のこんな悩みで困っていませんか? » 税務調査の対応も経理代行でできる?

税務調査の対応も経理代行でできる?

このページでは、経理代行をおこなっている会社に税務調査の対応を依頼するメリットや注意すべきポイント、税務調査の押さえておきたいポイントなどについて解説します。

経理代行でも税務調査に対応できる?

自社の経理業務をアウトソーシングできる経理代行サービスには様々なメリットがあります。毎月、請求書や領収書、通帳のコピーなどの原資料を送るだけで経理業務を代行してもらうことができ、近年では会計ソフトを活用した経理代行も行われています。自社の数字をリアルタイムに確認することができるなど、従来の経理代行からずいぶんとサービスの質が高まっているのです。

税理士代行について

「経理代行の会社に、税務調査の対応を依頼できるのか」という問いに答えるために、経理代行と似通った代行サービスである税理士代行についても解説する必要があります。

税理士代行とは、税理士が自社の経理や税務に関する業務を代行してくれるサービスです。その道のプロである税務士が担当してくれるので、税務書類の作成、税務に関する申告や申請の業務代行といった様々な税務相談を行えるのはもちろん、記帳業務と税務申告に関する書類の作成業務をワンストップで代行してもらえるため、書類の内容に誤りがない点で安心ができます。

税理士に一連の業務を依頼している場合、税務調査への対応を依頼できます。税務調査が入ると、企業側は月次の経理書類を報告しなければならない義務が生まれます。しかし、税理士にその処理を依頼していれば、税理士本人から報告の答弁を行ってもらえます。税理士に経理業務をアウトソーシングしていれば、毎月の経理を管理する際にも、税務に関する要点をしっかりと抑えたうえで実施していますから、税務的なリスクはとてつもなく低い状態になっているのです。もしも、「税務調査の不安や税務上のリスクをできる限り減らしたい」というのであれば、税理士代行を活用する方が間違いはありません。

対応業務で比較!
「おすすめの経理代行会社」を
確認してみる

経理代行と税理士代行の違いはある?

経理代行のサービスに依頼している場合、会社に税務調査が入った際には対応してもらえないのか、というと、そういうわけではありません。税理士代行が税理士の資格を有しているプロフェッショナルに経理や税務をアウトソーシングすることができる一方で、経理代行は経理のプロフェッショナルです。実際に、税理士が在籍していながら、経理代行を行っている経理代行の会社もあります。在籍していない場合でも、税務上問題がない経理を経理代行サービスに依頼することは可能です。

経理代行の会社によっては税理士が業務にあたらない場合もあり、この点で税理士とは大きな違いがあると言えるでしょう。しかし、経理代行会社でも、記帳から支払いまでの経理に関する業務全般の依頼が可能なため、税務申告書に関する業務や社内の人間による経理のミスや不正を防ぐことができます。

経理代行のサービスでも、税理士に従い法人税や事業税、消費税などの税務申告書類を適切に作成することができるため、「税務調査がある」というもしもの場合になったとしても、そこには何らの問題も存在していないのです。

経理代行のその他のメリットは?

税理士代行に比べ、経理代行はコストをおさえてアウトソーシングを依頼できるのもメリットと言えるでしょう。また、経理代行にコストをかけるのであれば、社内でその他に経理スタッフを設置する必要もありません。この点でも、経理代行にはコスト上のメリットがあります。

自社で経理スタッフを雇うことも、もちろん選択肢のひとつではありますが、営業などのスタッフを雇う代わりに経理スタッフを雇い、しかも、年々改正される税金制度について、正しい最新の情報を学び続ける必要もありますから、その手間は少なくありません。

また、社外に経理業務をアウトソーシングするメリットのひとつとして、「社内のスタッフによる虚偽の報告や不正を防ぐことができる」ということがあげられます。

税務調査とは?

ここからは税務調査について詳しく解説していきます。

毎年実施している確定申告の内容について、その内容に間違いがないかどうか税務署がチェックを行うことを、税務調査と言います。企業が自らの収益とそれに基づく税額を計算して納税する、いわゆる申告納税となっている法人税ですから、その内容が本当に正しいものであるかどうか、税務署がチェックを行うことは不可欠であると言えます。

「税務調査」と聞くと思わずドキリとしてしまうのは、意図的に数値を改竄したり、虚偽の内容を申告しているからではなく、といった悪意から来るものではなく、知識がなければ難しい税制の複雑さがあります。「計算間違いや見落としなどをしているかもしれない。それが罪に問われるかもしれない」と不安になるからです。このような税務調査の不安にそなえて、どのような対策ができるのでしょうか?

税務調査に備えよう

ここからは、税務調査そのものについて詳しく解説していきます。

なんとなく「税務調査は怖いもの」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、税務調査は法人税などの申告に虚偽がないかどうかについて調べるます。毎年行われているため、いつ自社が税務調査を受けることになってもおかしくはありません。税務調査について正しく理解し、税務関連の対策をしっかりと行っていれば、税務調査に対する不安や心配もなくなるでしょう。

税務調査の概要

税務調査を行うのは税務署です。正確に言えば、国税庁が管轄している組織が行ってます。平成29年度に行なわれた所得税の税務調査は法人で62万件。事業者全体から見ると3%程度と、それほど多くはないよう思われるかもしれません。実際には、還付申告や納税額の記載がない申告も含まれているとされ、納税申告に限定するとその割合は10%まで上がります。10%となると税務調査を受ける可能性としては、小さくない数字ということがわかります。

参考:国税庁HP「税務行政の現状と課題」
https://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2018/hojin_chosa/pdf/hojin_chosa.pdf

さらに税務調査といっても2種類があります。「任意調査」と「強制調査」です。まずは前者の任意調査についてみてみましょう。

任意調査とは?

任意調査で行われる税務調査には、あくまでも脱税等の疑いはかけられていません。基本的に税務調査の場合、事前に会社に連絡があり、突然、税務署が会社にやってくることはないのです。一般的に、税務調査が実施されるのは7月以降から11月頃にかけての期間だと言われています。この期間中に、税務署から電話があり、税務調査を行う説明が通達されるのです。

また、会社に顧問税理士がいる場合は、税理士を通じて税務調査が行われる、といった説明もこのときに行われます。

このように嫌疑がかけられていない任意調査ですが、対応は適切に行わなければなりません。任意と言えども、税務署側の質問に対して虚偽の説明や書類を提出したり、質問に応えない黙秘を行ったりすれば、罰則の対象になってしまうからです。自社の経理に関する書類などを揃えて適切に説明できなければなりませんし、税務署の調査官に対して虚偽の説明や誤った情報の説明をしないように注意しましょう。

任意調査の流れは?

日程調整の電話が税務署から会った後、税務調査はおおよそ1日から長くても2日ほどで終了します。企業が展開している事業の概要説明を行えば、その後に税務署の職員が行うのは、帳簿に誤りがないかの確認、領収書などの資料のつきあわせ、仕訳内容のチェックといった調査作業です。調査が終わった結果、指摘事項があれば指摘を受けますし、その結果、追徴金を納めなければならなくなれば、納付書が公布されます。後日、金融機関で納付を行いましょう。

強制調査とは?

税務調査における強制調査とは、国税局の査察部などによって、悪質な脱税やその隠蔽を行っている嫌疑がある、脱税額が一億円を超えるといった場合に、強制的に行われる税務調査のことです。テレビニュースで段ボール箱を抱えて運ぶ人員の映像が流れることがありますが、こういった場合は強制捜査です。強制調査には、裁判所の令状が事前に出されているなど、大掛かりなニュースにもなるものです。こういった強制調査が行われないように、税務処理は日頃から適切に行いましょう。

普段から気をつけたいポイントは?

行き過ぎた節税思考は危うい

税務調査はいつその対象なってもおかしくありません。起業したばかりの個人事業主のもとにやってくることもあれば、創業後20周年を迎えてようやく来ることもあります。ある日突然、税務調査の電話がかかってきても焦ることがないようにするためには、普段から税務について注意を払い対応をしておく必要があります。

普段から気をつけたい考え方は、納税の義務を遂行する意識を持つことです。もちろん、企業であれば会社に1円でも多くの利益を残すことが必要で、そのために様々な工夫をおこない節税や税金も可能な限り抑えられるように対策するでしょう。しかし、過度な節税意識は、行き過ぎれば、脱税の一線を超えてしまいます。税務調査によって税金の支払いに洩れがあれば、追加課税を受けて逆にたくさんの税金を支払うことになりますので、支払う義務がある税金は日頃からきちんと納税しましょう。

原資料は保存する

日頃から気をつけたいポイントのひとつとして、領収書や請求書といった取引を証明する原資料はかならず保存しておくことがあります。これも経理業務としては当然のことですが、税務調査では微妙な経理があれば、それについて必ず質問されることになります。疑いをかけられないためにも、そういった質問にきちんと答えられなければなりません。

経理に関する質問にすっきりと答えてくれるのは、やはり証明できる資料の提示です。正しい書類があれば問題はありません。経理上、いつもとは違う処理の仕方を行った場合であれば、その趣旨や理由を説明できるような資料を残しておくことも大切です。

便利な会計ソフトを導入しておく

日頃から、正確な経理・会計ができていれば、税務調査は過度な心配や対策をを講じるものではありません。しかし、経理業務を人の手に頼り過ぎていれば、思わぬミスが発覚して修正申告をしなければならなくなる、といった事態になることも。こういった人の手によるミスをなくすために活用できるのが、会計ソフトです。会計ソフトであれば自動計算になるので、計算ミスは発生しませんし、適切な帳簿ができるようにサポートをしてくれます。最近では、数値の入力さえ自動で行ってくれるものも登場していますから、普段から正しい記帳ができます。会計ソフトで日頃から気をつけていれば、税務調査も1日でスムーズに終えることができるでしょう。

税務調査を受けたら

どんなミスが指摘されやすい?

任意の税務調査では、税法をめぐって議論になったり、会計に関する理論を争わせるような事態にはまずなりません。中小企業、個人事業主であれば、なおさらです。しかし、たいていの場合、指摘されやすいミスというものはあります。

税務調査の際に指摘されやすいのは、例えば、税務処理における「期ズレ」です。発生した収益や損金が今年の税務にはいるのか、それとも来年の税務にはいるのか、といった問題です。また、領収書などを紛失してしまっているといった資料上の不備も、指摘されることが多いです。計上のミスも同じく指摘されやすいもので、「減価償却を行った資産をすべて損金に含めて処理している」、「事業と関係がない接待交際費」といった計上のミスも指摘されやすいため、日頃から注意しましょう。

経理の相談は普段から

税務調査では調査を終えると、「納税にミスがあるのではないか」という指摘がなされる場合があります。これに納得すれば、追加課税としてお金を支払わなければなりません。しかし、納得するかどうかは、税務調査に訪れた職員に対して即日回答しなければならないものではありません。「まずは、税理士などに相談してみたい」と伝えて、後日回答することもできるのです。そのため、税務調査があれば自社でまずは対応して、税務署からの指摘があった場合は、税理士などに詳細や説明などの対応方法について相談することが最も一般的な対応方法と言えます。

ただし、税務調査後に指摘があってからでも経理代行会社や税理士に相談できるとは言え、その企業について何も知らない担当者にいきなり相談をおこなっても、確認に時間がかかってしまったり、意思疎通がうまくいかないことも考えられます。

普段から会社が抱えている問題や取り組みたい課題について、相談していたり、経理業務の取りまとめ、資料作成や保管といった代行業務を委託しておかなければすぐに解決に向かうための戦略を整えるのは難しいでしょう。

税務に関することは専門的な知識や経験がなければ不確かに感じてしまうものです。経理代行に相談していれば、そういった不安も解消されますので、ぜひ検討してみてください。

本サイトでは税務調査をはじめ、経理に関する様々な悩みを解決できる経理代行会社を紹介しています。経理業務をアウトソーシングするのも普段の業務の円滑化を図るうえで、十分な選択肢となるでしょう。その参考になれば幸いです。

あなたにおすすめの経理代行業者

経理業務に割きたくない社長へ
TOKYO経理サポート

TOKYO経理サポートHPキャプチャ

税理士運営の会社。社長応援パックなどの丸投げサービスに加え、さらなる業務効率化に繋がるクラウド化の提案などのコンサルティング業務も評判。

丁寧なサポート対応なら
NOC

NOC日本アウトソーシング株式会社HPキャプチャ

30年以上の歴史があり、バックオフィスをすべてサポート。