自社の経営参謀を探せ!経理代行SEARCH » 経理代行を委託する為の基本知識 » 経理代行のメリット・デメリット

経理代行のメリット・デメリット

プロに任せる経理代行のメリットとデメリットをピックアップ

このページでは中小企業において経理代行サービスを利用することのメリットとデメリット、両方を紹介します。

経理代行サービスを利用することの主なメリット

中小企業において経理代行サービスを利用することによる主なメリットをピックアップしてみましょう。

経理担当者の人件費など固定費の抑制になる

事業規模にもよりますが、経理スキルのある人材1人月で回す経理業務があったとして、アウトソーシングすれば、それよりはコストを抑えることができるでしょう。

作業品質が安定化して業務効率が上がる

中小企業では経理担当者個人のスキルに作業品質が依存してしまいがち。その点、プロにアウトソーシングすれば継続的に安定した作業品質が担保できますし、関連する業務全体の効率化にもなるでしょう。

経理業務に関連するキャッチアップが不要

経理に関連する法律の改正や会計ソフトのバージョンアップなど、内製化するとキャッチアップしなければならないことも、プロにアウトソーシングすることで手離れできます。

主要業務に注力できる

経営者にとっては重要で、なおかつなかなか内部スタッフ任せにはしにくいのが経理業務。それを安心してアウトソーシングできるようになれば、バックオフィス業務に費やしていた時間を利用して、よりメインのビジネスに注力できるわけです。

経理代行サービスを利用することの主なデメリット

続いて、中小企業において経理代行サービスを利用することによる主なデメリットをピックアップしてみましょう。

社内にスキルやノウハウなどが残らない

これは経理業務に限ったことではなく、短期的には専門業者にアウトソーシングすることで効率的に業務が回る局面は多々あります。ただし、中長期的に見て、企業規模が拡大していった時に、社外に丸投げしている業務については社内にスキルやノウハウなどが残らないということを認識しておきましょう。

経理代行会社のレベル次第でリスクもあり

例えば、社員の給与計算を経理代行会社に依頼するとしたら、かなり重要な個人情報となるため、漏洩はあってはならないことですし、作業ミスがあれば大きなトラブルにもなりかねません。

従って、経理代行会社を選ぶ際、経理作業の品質や情報管理の確かさなどを見極めないと、かえってリスクにもなりかねないわけです。

依頼内容によっては外注費がかさむことも

単純な記帳代行だけでなく、業種や企業としての独自性などを加味した業務を依頼する場合、経理代行サービスのオプションなどがプラスされて、思いの外予算がかさむ可能性もあります。

丸投げできれば便利ではありますが、外注費の費用対効果は常に注意したいポイントです。

あなたにおすすめの経理代行業者3選

経理も給与も全部お任せ
TOKYO経理サポート

TOKYO経理サポートHPキャプチャ

運営母体は税理士法人でもある英和グループ。様々なオプションがついたサービスが豊富

緊急時や出張作業にも対応
経理・給与計算代行センター

東京 経理・給与計算代行センターHPキャプチャ

代行の本分・作業に特化したBPO会社。
3営業日で仕上げる特急オプションも魅力

丁寧なサポート対応なら
NOC

NOC日本アウトソーシング株式会社HPキャプチャ

30年以上の歴史があり、バックオフィスをすべてサポート