自社の経営参謀を探せ!経理代行SEARCH » 経理業務のこんな悩みで困っていませんか? » 2023年(令和5年)から導入!インボイス制度(インボイス方式)について知る

2023年(令和5年)から導入!インボイス制度(インボイス方式)について知る

インボイス制度(インボイス方式)とは

モノやサービスの販売・提供には消費税がかかります。通常、課税事業者が消費税を納付する際、仕入税額控除を受けることで納税額の抑制・還付が可能になります。

2023年(令和5年)10月から導入されるインボイス制度(インボイス方式)は、この「仕入税額控除」に関する制度です。これまでと同じ様に課税事業者が「仕入税額控除」を受けるためには、必要事項が記載された「適格請求書(インボイス)」の作成が必要になります。

インボイス制度の登録対象は課税事業者のみです。免税事業者の場合は、課税事業者になってから登録申請する必要があります。なお事業者ではない個人消費者だけと取引をしているような形態であれば、インボイス制度に対応しないという選択肢もあります。

そもそもインボイス(適格請求書)とは

登録番号・消費税額などが記載された書類・電子データをインボイス(適格請求書)と呼びます。インボイスは売手が買手に対して税率・消費税額を伝えるために用いています。

インボイス制度導入後は、この「インボイス」として請求書を作成するためには、従来使っている請求書に記載されている内容だけでなく、登録番号をはじめ記載すべき事項が増えます。

交付できるのは、適格請求書発行事業者(インボイス事業者)に限られています。

適格簡易請求書とは

小売業・飲食店業などの一般消費者と多く取引を行なう業態に合わせたものとして、インボイスの記載事項を簡易的にした適格簡易請求書(簡易インボイス)があります。

簡易課税選択事業者の場合は、インボイスではなく売上から仕入税額控除を計算します。

インボイス制度の登録申請

インボイスを発行するためには、登録番号が必要です。登録番号は所轄税務署長へ「登録申請書」を提出して、審査の結果登録された後に税務署から通知を受けます。登録後は、インボイスの交付が可能です。なお登録された課税事業者は、国税庁の公式サイトで公表されます。すなわち、請求書に記載されている登録番号が有効なものかは、国税庁の公式サイトで確認できます。

申請はe-Taxでも可能です。

登録申請書はいつから申請できる?

令和3年10月1日から提出できます。インボイス制度が導入される令和5年10月1日までの登録を目指す場合、申請は令和5年3月31日までに提出が必要です。できるだけゆとりを持って提出するようにしましょう。

売り手が免税事業者の場合、仕入税額控除の対象外になりますが、制度導入から6年は経過措置を受けられます。免税事業者等からの課税仕入れでは、令和5年から8年までの3年間は80%控除が可能。令和8年から令和11年までの3年間では50%の控除が可能です。この場合、請求書に必要上情報の記載が必要です。

インボイスの記載事項

必要事項が書かれていれば様式・呼び方は問いません。そのため、手書きのインボイスでも問題ありません。

必要事項は以下の通り。なお赤文字の部分が、インボイス制度導入により加わった事項です。

  1. インボイス事業者の氏名または名称及び登録番号
  2. 取引年月日
  3. 取引内容(軽減税膣の対象品目である旨)
  4. 税率ごとに区分して合計した対価の額(税抜または税込)および適正税率
  5. 税率ごとに区分した消費税額等
  6. 書類の交付を受ける事業者の指名または名称

複数の書類・データにわかれても問題なし

インボイス制度では、納品書と請求書など複数の書類・データにわかれても問題ありません。その場合、納品書番号を振ることで関連性を示し、必要事項が全て記載されている必要があります。

インボイス制度の導入により予想される事業者への影響

免税事業者から課税事業者へ変更するか選択を迫られる

インボイスを発行できるのは、登録された課税事業者のみです。そのため免税事業者が発行した請求書では控除の計算ができません。BtoBのビジネスの場合、免税事業者への依頼を控える事態が考えられます。

課税事業者と共に今後も仕事をするのであれば、あえて課税事業者になるために申請を出す必要があるでしょう。ただし、BtoCのビジネスで請求書の発行がほとんどない場合は、今後も免税事業者のままであっても影響がないケースもあります。

インボイス制度の申請が始まる前に、免税事業者は課税事業者へ変更したほうがいいのか、よく検討する必要があるでしょう。

【まとめ】2023年に備えてインボイス制度を正しく理解することが大切

仕入税額控除の計算が変わるインボイス制度。免税事業者であれば、課税事業者になるのか免税事業者のままでいるのか、申請が始まる2021年10月までに答えを出せると良いでしょう。

また課税事業者であれば、申請開始までにインボイス制度について理解を深める必要があります。請求書の書き方が変わる部分もあるはず毎日の業務で多忙な中、インボイス制度について学ぶ・検討するための時間をなかなか確保できない事業者も多いでしょう。

そんな時、自社の経理業務をトータルに相談できる経理代行会社の力を借りてみるのも、会社の成長や業務効率化のために有効です。

あなたにおすすめの経理代行業者

このサイトで注目するのは、経理業務をまとめて任せることができる代行会社です。

ただし、経理代行といっても代行会社によって特徴が様々で、対応できること・対応できないことがあります。 ここでは、多岐にわたる経理業務を丸投げできる経理代行会社をピックアップしています。

依頼方法として「アウトソーシング型」と「常駐型」の2パターンに分かれますが、
今回は、『様々なパターンの経理代行業務に対応できるアウトソーシング型の会社』『専任スタッフの派遣常駐を得意とする常駐型の会社』をそれぞれ1社ずつ紹介していきます。

アウトソーシング型が得意
経理業務に割きたくない社長へ
TOKYO経理サポート

TOKYO経理サポートHPキャプチャ

税理士運営の会社。社長応援パックなどの丸投げサービスに加え、さらなる業務効率化に繋がるクラウド化の提案などのコンサルティング業務も評判。

常駐型が得意
丁寧なサポート対応なら
NOC

NOC日本アウトソーシング株式会社HPキャプチャ

30年以上の歴史があり、バックオフィスをすべてサポート。