自社の経営参謀を探せ!経理代行SEARCH » 経理業務のこんな悩みで困っていませんか? » 経理業務は派遣社員に任せた方がいい?

経理業務は派遣社員に任せた方がいい?

経理業務と派遣社員

このページでは、経理業務を派遣社員に任せることについて、そのメリットやデメリット、どれくらいのコストがかかるのか、といった疑問についても解説しています。

派遣社員が経理業務をおこなうことは珍しくない

社会の働き方が多様化している昨今、様々なバックオフィス系の業務もまた、かならずしも正社員ではなく、派遣社員がおこなっているケースが増えています。経理の業務についても同様です。会社経営に必要不可欠な存在でありながら、営業職などとは異なり、収益を生み出す業務ではない、「経理」という仕事は、「人件費のコストカット」という観点からも、派遣社員に任されていることが珍しくなくなっているのです。

派遣社員が経理業務をおこなう疑問も

その一方で、バックオフィス業務のなかでもとりわけ高い専門性が求められる経理の業務について、「本当に派遣社員に任せてもいいのだろうか?」「本当に派遣社員はそれほどまで優秀なのだろうか?」と、疑問に思われている方も少なくないのではないでしょうか?

確かに経理の業務は、会計知識にはじまり、財務分析や経営計画、経営分析、資金繰り、決算書の書き方といった、広範かつ専門的な知識を求められる業務です。そのため、経験豊かであること、人材として優秀であることが譲れません。また、会社のお金の流れを把握するという業務も併せ持っていいます。経理をおこなう人材は、必然的に会社の営業の業績や経営状況を知りうる立場になるため、「そういった会社の機密を派遣社員が知ってしまっていいのだろうか?」と思われることもあります。

対応業務で比較!
「おすすめの経理代行会社」を
確認してみる

経理に派遣社員を雇うメリット・デメリット

まずは、経理の業務に派遣社員を雇うことによるメリットとデメリットについて、みてみましょう。

派遣社員のメリット

人件費の調整ができる

経理スタッフとして派遣社員を雇い入れる大きなメリットは、やはり人件費の調整が可能、という点にあります。派遣社員は、3ヶ月から半年程度と、雇用期間を定めて雇うので、会社のなかで発生する経理業務の分量にあわせて、雇用期間を調整ができます。これにより、人件費についてもコストカットを図ること可能です。

経理の業務であれば、決算や年末調整など、定期的に忙しくなることが決まっている時期にあわせたり、特定の事業の人手不足が見込まれる時期などに限定して、派遣社員の手を借りることができます。もちろん、契約期間が終了したあとでも、契約を更新することで、急に人手が足りなくなる事態は避けられるでしょう。

採用・研修教育のコストを削減できる

正社員を雇用するとなれば、優れた人材を確保するためにも、採用活動にコストがかかることは言うまでもありません。そうでなくとも、求人の募集から対応、入社試験、面接など、採用プロセスには手間がかかります。また、入社後の新人研修などを含めて、教育費も必要です。

派遣社員であれば、派遣会社が面接・採用をおこなっているため、こういったコストの削減ができます。教育費についても、経験豊かな経理スタッフに即戦力として業務を依頼することも可能です。

正社員が本業に集中できる

経理の業務を正社員がおこなうことになれば、社員が時間を取られることになり、営業をはじめとする会社の本業に十分に注力できない、という事態になってしまいます。しかし、派遣社員に経理業務を担当してもらうことで、会社内の業務の効率化を図れ、正社員が本業に集中できる労働環境を整えることに繋がります。

派遣社員のデメリット

会社への帰属意識が低い

派遣社員のなかには、「あくまでも自分は派遣されているだけであり、会社の業務に対してどこまでも責任を負う立場ではない」といった具合に、会社に対する帰属意識や責任感が希薄になっている人もいます。任された仕事以上の業務を積極的におこなおうとする派遣社員ももちろんいますが、そうでない場合、せっかく派遣社員を雇い入れても任せられる業務が限られてしまう、といった事態が発生することも考えられます。

柔軟な業務対応が難しい

派遣社員は、勤務時間や業務の内容について、詳細に労働契約を結んでます。そのため、急に発生してしまった残業などについて、対応できない場合も少なくありません。また、業務内容を変更しようと思っても、労働契約は、派遣元の企業と結んでいるため、派遣会社との交渉が必要です。このため、業務内容がすべて見通せない、トラブルが発生した、といった場合、派遣社員に仕事を任せられない可能性もあります。

機密情報上の不安

経理の業務は、会社の業績や社員の給与情報といった機密情報を扱う場合もあります。派遣社員から情報漏洩が起こるリスクも考えられるデメリットと言えるでしょう。派遣元から一定の信用が担保されているにせよ、守秘義務の契約などをしっかりと結んでおくことは欠かせません。

経理に派遣社員を雇うコストは?

次に、経理スタッフとして派遣社員を雇う場合、どれほどのコストがかかるのか確認してみましょう。

一般的には時給1400円〜1700円

バックオフィスに関わる事務的な業務であれば、派遣社員の人件費を時給換算すると、おおよそ1,400円〜1,700円程度という金額が一般的な目安となります。これは、財務、総務といった業務と同程度の金額で、IT系の技術職と比較すると下がりますが、毎月単位でみてみると、正社員として経理を雇うコストと比べても、特別低い金額ではないことがわかります。

もちろん、どのような経理業務をおこなうかによっても人件費は異なります。経費の生産や支払いといった日次、月次レベルでおこなえる日常業務であれば、時給では1,600円程度が相場ですが、予算の策定、年次決算、連結決算といった、より経営に近い経理業務を任せたいなど、高度な業務を担当する場合、時給はより高額となるでしょう。そのほか、外国語のスキルが必要な経理業務なども、より高額な人件費が求められます。

まとめ:派遣社員のコストも安くはない

コスト面については、経理スタッフを派遣社員にしても、時給としては正社員と比べてそこまで変わらない、ということはポイントになるでしょう。

経理業務を安心して進める体制をつくるためにも、メリット・デメリットも踏まえて検討してみると良いでしょう。

経理業務のアウトソーシングも選択肢に

経理の業務は、派遣社員ではなく、プロの経理代行の会社に依頼することもできます。一時的な対応策としてではなく、信頼できる経理のプロがおこなう様々な経理に関するサービスも充実してきています。経理業務をアウトソーシングすることができれば、経験豊かな専門の経理スタッフに業務を任せられるようになるため、非常に有効な手段のひとつと言えるでしょう。本サイトでもでもおすすめの経理代行業社を紹介しています。ぜひ、チェックしてみてください。

あなたにおすすめの経理代行業者

経理業務に割きたくない社長へ
TOKYO経理サポート

TOKYO経理サポートHPキャプチャ

税理士運営の会社。社長応援パックなどの丸投げサービスに加え、さらなる業務効率化に繋がるクラウド化の提案などのコンサルティング業務も評判。

丁寧なサポート対応なら
NOC

NOC日本アウトソーシング株式会社HPキャプチャ

30年以上の歴史があり、バックオフィスをすべてサポート。