自社の経営参謀を探せ!経理代行SEARCH » 経理業務のこんな悩みで困っていませんか? » シェアードサービスセンター(SSC)とは

シェアードサービスセンター(SSC)とは

シェアードサービスセンターとは、グループ企業の財務や人事、経理などの業務をひとつにし、業務の効率化を図ることを請け負っている会社です。ここではSSCを導入するメリットやアウトソーシングの違いなどを分かりやすく解説します。

SSCとは

様々な企業を複数社抱えている企業において、財務・人事・経理などのコーポレート業務をひとつにまとめる企業改革のことをシェアードサービスと呼びます。本業とは別の間接業務(バックオフィス業務)をひとつに集約することにより、グループ企業の全体で業務効率アップやコスト削減を目指すもので、SSCはそういったコーポレート業務を担ってくれる会社のことです。

コーポレート業務とは?

コーポレート業務は、具体例を挙げると

といった業務を指し、給与や賞与の計算、一般会計、社会保険・福利厚生業務、ネットワークの保守などがSSCの対象になります。ほかにもグループ内で新卒採用を一斉に行った場合、各社に振り分けるのもSSC対象になるでしょう。内部監査や管理会計、人事など専門的な業務に関しては、SSCの対象外となるケースがほとんどです。

SSCのメリット

コスト削減

子会社がそれぞれでコーポレート業務を担う場合、子会社ごとにシステムを用意する必要があり、人員を配置しなければなりません。これをグループで一括することによって、子会社ごとにシステムを用意する必要もなくなり、大幅にコストをカットすることに繋げられます。また人件費のカットも期待できるように、企業にとって大きなメリットをもたらしてくれるでしょう。

業務品質アップ

SSCはコーポレート業務に特化しているため、ノウハウを生かしたサポートを実現できます。正確かつ業務品質も安定しているので、業務効率の向上に繋がるでしょう。またグループ内で実績を積むことによって、グループの外にもサービスを展開できる可能性もあり、事業拡大を図れる可能性もあります。

従業員の意識アップ

対取引先のような外部組織と共有するスケジュールに比べ、職場内で共有しているスケジュールに対しては、仲間内でのやり取りであることから管理がルーズになってしまうことも。

SSCは別会社になるのでスケジュール管理意識もより厳しくなり、従業員同士の責任感も高まるでしょう。結果としてグループ経営力が高まり、利益を生み出しやすい企業へと成長することも可能です。

SSCのデメリット

導入に初期コストや時間を要する

SSCを導入するにあたっては、システムの改修や従業員データを統合するなどグループ全体で体制を整えなければなりません。さらにコーポレート業務を行えるシステムも構築しなければならず、初期費用や時間もかかってしまいます。長期的な視点で改革を行うためにも、どのようなシステムを構築するのか念入りに検討することが大切です。

モチベーションの低下

SSCはあらゆる企業向きの仕組みというわけではありません。単にコスト削減だけを目的にSSCを導入してしまえば子会社から反発を受ける可能性も高く、従業員のモチベーション低下につながることもあるでしょう。またSSC導入によって部署が異動になる、給与体系が変更されるなど従業員に関わる問題が生じることも。SSC導入のような規模の大きい変革は、社員全員が納得できるように少しずつ進めていくことが重要です。

SSCの運用方法

SSCを運用するにあたって、子会社化にする方法と本社の一部門として設置する方法の2つのやり方があります。

子会社化する方法

一つに、SSCを本社と切り離し子会社として設ける方法があります。給与の体系を本社とは全く違う基準で設定できるので、人件費を安価に抑えられるといったメリットがあるほか、独立した企業としてみなせるため業績を数値で明確に評価することもできます。

本社の一部門として設置する方法

シェアードサービスの導入が比較的スムーズにおこなえます。組織変更の必要もほとんどないため、導入時の反発を抑えられるメリットがあります。

アウトソーシングとの違い

アウトソーシングとは、自社内の一部の業務を外部に発注することで、経理の仕分け、商品の梱包、ウェブサイトの制作など様々な業務が対象になります。

アウトソーシングとシェアードサービスを同じように考えている人もいますが、実は似て非なるもの。一番の違いは委託する業務を行うのが自社スタッフなのか他社のスタッフなのかという点です。

SSCは自社スタッフが業務を担い、営業的な視点で職務に従事できます。それに伴って意識改革を図ることができ、業務の効率化だけでなく戦略的な業務も実施できるといったメリットがあるでしょう。SSCを導入した企業の中には、間接部門のスタッフの意識が変わり導入時の目的を実現しているケースも数多くあります。

一方アウトソーシングでは外部スタッフが業務を担っており、委託される業務を専門に行っているため、プロとしての業務を提供してくれます。社内スタッフの顔色を気にする必要もないので、滞りのないコーポレート業務の提供に繋がります。

あなたにおすすめの経理代行業者

このサイトで注目するのは、経理業務をまとめて任せることができる代行会社です。

ただし、経理代行といっても代行会社によって特徴が様々で、対応できること・対応できないことがあります。 ここでは、多岐にわたる経理業務を丸投げできる経理代行会社をピックアップしています。

依頼方法として「アウトソーシング型」と「常駐型」の2パターンに分かれますが、
今回は、『様々なパターンの経理代行業務に対応できるアウトソーシング型の会社』『専任スタッフの派遣常駐を得意とする常駐型の会社』をそれぞれ1社ずつ紹介していきます。

アウトソーシング型が得意
経理業務に割きたくない社長へ
TOKYO経理サポート

TOKYO経理サポートHPキャプチャ

税理士運営の会社。社長応援パックなどの丸投げサービスに加え、さらなる業務効率化に繋がるクラウド化の提案などのコンサルティング業務も評判。

常駐型が得意
丁寧なサポート対応なら
NOC

NOC日本アウトソーシング株式会社HPキャプチャ

30年以上の歴史があり、バックオフィスをすべてサポート。