自社の経営参謀を探せ!経理代行SEARCH » 経理業務のこんな悩みで困っていませんか? » 経理体制をもっと改善したい

経理体制をもっと改善したい

経営者が主導して経理体制を改善すれば業績アップにもなる

このページでは現状よりも業績をアップさせるために経理業務の見直しが不可欠であることと、経理代行を利用することで改善できるポイントを紹介します。

中小企業にありがちな経理業務に関する課題や問題

経営者にとって経理で取り扱う数字は非常に重要なもので、企業規模を問わず、本来は正確かつスピーディーに業務が回っていなければなりません。

ところが、多くの企業で経理業務に課題や問題を抱えているのが現実。中小企業にありがちな経理業務の課題や問題について、主なものを紹介しましょう。

経営者なのに経理業務を正しく理解できていない

これは経理業務に限ったことはありませんが、自ら創業して精力的に活動するような経営者は、バックオフィス業務と呼ばれる事務的作業に疎い人も少なくありません。

ところが、会社を経営する上で数字に弱いことは大きなマイナスでしかなく、経営者が気づかないうちに経営状況が悪化してしまっては救いようがないのです。

自社の経理業務の実態をあまりよく把握していない

社内にきちんと経理担当者がいたとして、経営者に経理の知見がないと、その担当者や担当部署にお任せになってしまう傾向があります。

経理業務にミスやムダはないのか、数字の読み方に誤解はないのか、そして自社の経理担当のスキルは確かなのか、経営者として把握していないことは大問題です。

経営判断をする際、経理・財務資料を活かしていない

新規ビジネスへの取り組みはいうまでもなく、新人を採用する場合など、経営者は常に財務状況を元にして都度判断をするもの。その際、数字を集計した資料だけでなく、レビューなどちゃんとした分析があってこそ、経営判断に役立つ情報となるわけです。

経理業務が内製化で回っていると思っていても、それを読み解くことができないと大きな損失につながります。

中小企業にとって経理業務を内製化することの難しさ

本来、優秀な人材を揃えて経理業務を内製化できるのが理想ではありますが、そう簡単にはいかない理由も理解しておく必要があります。

法律やシステムなど最新情報をキャッチアップするのは難しい

経理業務に関連する法律改正や最新のIT技術を使ったソリューションなど、中小企業の経理部門で常にキャッチアップしていくのは容易ではありません。一般的に、社内スタッフに求めるのは事務作業であり、より専門性の高い業務は結局、外部にアウトソーシングすることになります。

業務改善の見極めが難しい

複数企業の経理部門で経験を積んだスタッフでもいれば話は別ですが、経理業務の見直しや改善をしようと思っても、内部の人間だけではどこにムダがあってどう変えればいいのか、気づきにくいもの。そのため、作業効率が悪化していても経営者が知らずにいるケースも珍しくありません。

経理代行にアウトソーシングすることで改善されるポイント

経理業務の効率化や充実化を目指す経営者向けに、経理代行にアウトソーシングすることによる改善ポイントをまとめてみましょう。

あなたにおすすめの経理代行業者3選

とにかく安くすませるなら
経理・給与計算代行センター

東京 経理・給与計算代行センターHPキャプチャ

経理代行の作業に特化したBPOの会社。自社で手を動かすため税理士や社労士とは違いコストが抑えられる。

経理業務に割きたくない社長へ
TOKYO経理サポート

TOKYO経理サポートHPキャプチャ

税理士運営の会社。社長応援パックなどの丸投げサービスに加え、さらなる業務効率化に繋がるクラウド化の提案などのコンサルティング業務も評判。

丁寧なサポート対応なら
NOC

NOC日本アウトソーシング株式会社HPキャプチャ

30年以上の歴史があり、バックオフィスをすべてサポート。