自社の経営参謀を探せ!経理代行SEARCH » 経理業務のこんな悩みで困っていませんか? » 経理で押さえておきたいCCCとは

経理で押さえておきたいCCCとは

CCCとは「Cash Conversion Cycle」のことで、仕入の債務から売上の債権回収を行うまでの日数を指します。CCCは経営状態の指標になることもあるので、正しい意味を把握しておきましょう。ここではCCCについて分かりやすく解説します。

CCCとは?

CCCはCash Conversion Cycleの頭文字を取った略語。仕入れの債務から売り上げの債権を回収するまでの日数を指します。商品を仕入れる際に金銭を支払い、その後商品を販売し、売上金額を獲得するのが一般的な企業の仕組みですが、売上金額を獲得できるまでの間(CCC)は、手元の金額が減っているため資金繰りが負担になります。つまり、売上金額を入手するまでの期間(CCC)が短ければ短いほど、安定した経営が行えるようになり、優秀なCCCになります。

米国ではCCCは経営状態の指標としても活用されており、これが短い企業ほど優良企業と判断される傾向があります。

CCCを計算する方法

CCCを計算するには、「売上債権回転」の日数と「棚卸資産回転」の日数を合算し、そこから「仕入れ債務回転」の日数を引きます。

たとえば商品の仕入れを行い、その30日後に代金を支払ったとします(仕入れ債務回転日数は30日)。また仕入れた商品は、仕入れ後35日目に販売を実施(棚卸資産回転日数は35日)。商品を販売し、その代金は販売後40日目に入金されます(売上債権回転日数は40日)。

そういったケースであれば、「40日(商品を売ってから、代金を受け取るまでに40日) + 35日(仕入れた商品を、仕入れ後35日目に販売) - 30日(商品を仕入れて、その代金を30日後に支払う) = 45日(CCC:仕入れの支払いから売り上げを獲得するまで)」となり、CCCは45日となります。

CCCを短くできる?

CCCが長くなってしまえば資金繰り悪化の要因になってしまうため、ほとんどの企業がCCCを短くできるように対策を講じています。

例えば、「売上債権回転」の日数と「棚卸資産回転」の日数が長くなればCCCは長期化しやすくなってしまうため、これらの日数を短くできないか経営を見直します。また仕入れ先と相談し、「仕入れ債務回転」の日数が長くなるように相談するのも一つの手。この場合、仕入れ先にとっては「売上債権回転」の日数が長くなってしまうので、お互いにバランスのいいラインを見つける必要があります。

あなたにおすすめの経理代行業者

このサイトで注目するのは、経理業務をまとめて任せることができる代行会社です。

ただし、経理代行といっても代行会社によって特徴が様々で、対応できること・対応できないことがあります。 ここでは、多岐にわたる経理業務を丸投げできる経理代行会社をピックアップしています。

依頼方法として「アウトソーシング型」と「常駐型」の2パターンに分かれますが、
今回は、『様々なパターンの経理代行業務に対応できるアウトソーシング型の会社』『専任スタッフの派遣常駐を得意とする常駐型の会社』をそれぞれ1社ずつ紹介していきます。

アウトソーシング型が得意
経理業務に割きたくない社長へ
TOKYO経理サポート

TOKYO経理サポートHPキャプチャ

税理士運営の会社。社長応援パックなどの丸投げサービスに加え、さらなる業務効率化に繋がるクラウド化の提案などのコンサルティング業務も評判。

常駐型が得意
丁寧なサポート対応なら
NOC

NOC日本アウトソーシング株式会社HPキャプチャ

30年以上の歴史があり、バックオフィスをすべてサポート。