自社の経営参謀を探せ!経理代行SEARCH » 経理代行を委託する為の基本知識 » 経理代行と記帳代行の違い

経理代行と記帳代行の違い

経理代行と記帳代行の違いは?

このページでは、経理代行と記帳代行について、それぞれのサービスやコストなどの違いを解説しています。

経理代行と記帳代行

様々な代行サービスが登場したことによって、経理業務に関しても、業務のアウトソーシングを行うことが珍しくない時代になっています。その一方で、委託しなければならない業務に対してどのような代行サービスを利用すればよいのか、なかなかわかりづらいという課題もあります。

経理業務のアウトソーシングでは、大きく分けて「経理代行」と「記帳代行」のふたつの代行サービスがあります。それぞれにてついて、下記で詳しくみてみましょう。

記帳代行とは?

まずは「記帳代行」について、代行してもらうことができる主なサービス内容を見てみましょう。

会計入力

記帳代行のサービスで依頼することができるのは、基本的に、会計や帳簿への入力作業になります。とりわけ、年末の決算申告に向けて日々の取り引き内容を記録しなければならない「帳簿」について、領収書や請求書、通帳の内容など、取引先との数字の取引を会計ソフトに入力する代行サービスが、記帳代行で依頼できる主な業務になってきます。

ただし、入力業務といっても単純な作業ではありません。取引先との取引は、それぞれの内容によって適切な仕分け項目に正しく振り分けなければなりませんから、簿記についての専門知識が必要ですし、件数が多くなれば、一件一件にかけられる時間も少なくなり、ミスの原因ともなってしまいます。

会計入力をプロフェッショナルに記帳代行することで、そのような帳簿上の記載ミスをなくすことができること、また入力作業に取られてしまう時間もなくすことができるなど、様々なメリットがあるのです。

帳簿作成

帳簿代行サービスでは、「現金出納帳」「預金出納帳」「総勘定元帳」といった、様々な帳簿の作成も依頼することができます。企業によっては毎月まとめる「月次決算」では、一年に一度の決算報告で発生しがちな記載ミスを早期に発見することができるなどのメリットがあり、これは帳簿代行サービスで行われていることも少なくありません。総決算に向けて毎月行なっていれば効率的でもあります。

経理代行とは?

次に「経理代行」について、代行してもらうことができる主なサービス内容を見てみましょう。

経理管理

経理代行サービスでは、記入業務に加えた「経理管理」全般を依頼できます。経理管理となれば、データの入力や帳簿の作成のみならず、領収書と精算書の数字の照合や入金・支払いが滞りなく行われているか、といった精査の作業も含まれるので、経理に関わる業務を広範囲に依頼できます。

さらに経理管理全般としては、取引先への振り込みや従業員の給与といった支払いの業務も依頼可能です。支払い予定表を作成しておくことで、支払いの作業を滞りなく行えます。また、経理の代行を税理士法人の代行サービスに依頼することで、決算書の作成、法人税の申告といった業務まで任せること可能です。

帳簿代行と経理代行の違い

ここまで見てきたことをまとめると、経理代行とは、帳簿代行で依頼可能なサービスを含めた、「経理管理」の業務を依頼することができる点で、帳簿代行と異なっています。帳簿代行では、経理管理までを依頼することはできません。

コストはどれほど違う?

最後に、コスト面での違いをみてみましょう。

帳簿代行では入力が必要な仕分け数に応じて、必要な費用が変わってきます。一方、経理代行は経理管理全般をアウトソーシングすることが多いため、一概に言うことはできません。税理士法人に経理代行を依頼すれば、確定申告や経理のコンサルティングまで受けられますが、コスト面では膨らむので月々15万円程度と見込んでおいた方がよいでしょう。

経理代行のメリット

経理代行を行う一番のメリットは本業に専念できるという点です。経理は、領収書・請求書の処理や記帳など様々な業務を担う必要があり、専門的な知識も求められます。そのため経理の知識があまりない経営者や従業員が経理を行ってしまえば、慣れない作業に余計な時間を割いてしまい、本業が疎かになってしまうことも。さらに時間的労力だけでなく、精神的にも大きな負担になるというマイナス点もあります。

経理代行を導入することによって経営者や従業員の時間的・精神的負担軽減を見込むことが可能。さらに専門家に依頼することで、正確な経理が可能になります。経理の業務は正確性が求められるため、経理代行に依頼すれば人為的ミスを減らすことにもつながるでしょう。また処理スピードもアップするので、リアルタイムに企業の状況把握できる、人件費が削減できる、経理業務が滞ることがないなど、様々なメリットが期待できます。

経理代行のデメリット

経理代行を依頼する場合、企業情報が流出してしまうリスクを伴います。領収書をはじめとする書類を経理代行業者に渡すため、紛失や送付ミスなどが起こらないように細心の注意が必要です。依頼しようとしている経理代行業者がどのように機密情報を管理しているかどうか、事前に確認するようにしましょう。

また経理代行業者に依頼することで、費用が発生するというデメリットも。ただ余計な業務負担を軽減できるというメリットもあるため、費用面・業務面などトータルで考えた上で導入するかどうかを考えるようにしてください。

ほかに、経理業務を外部に依頼するために、自社内での経理スタッフ教育が出来ないという懸念があります。自社内に経理の担当者を置くとなったときに、経理業務をスムーズに引き継ぐことが難しくなってしまうケースも考えられます。

経理代行のセキュリティリスク

経理代行は、セキュリティリスクも考えておかなければなりません。経理代行業者がクラウド型システムを活用していれば、数多くの端末からアクセスできるため情報漏洩リスクが高まり、横領やデータ改ざんなどが起こりうる状況に。

そうならないためにも経理代行業者に依頼する場合には、業者と機密保持の契約を締結しておくことが重要です。また契約内容には損害賠償請求の内容も踏まえて記すようにしましょう。データのアクセス権限、情報漏洩の予防策を講じることで、セキュリティリスクを抑えることに繋がります。

経理代行といっても代行会社によって対応範囲は様々です。
ここでは、多岐にわたる経理業務の対応・サポートができる経理代行会社3社をピックアップ。各社の対応可能範囲をまとめました。

最小限のサポート
を受けるなら
経理外注・記帳代行センター

経理外注・記帳代行センター

引用元:経理外注・記帳代行センター公式HP(https://www.tokyo-keiri.com/)

領収書や請求書のファイリングから記帳代行、請求管理代行など、対応範囲が広いのが強み。

経理全般を
まるっと依頼したいなら
経理の特命レスキュー隊

経理の特命レスキュー隊

引用元:経理の特命レスキュー隊株式会社公式HP
(https://www.accounting-rescue.com/)

税理士や日商簿記検定1級などの会計資格を持った「隊員たち」が幅広い知識でサポート。

コンサルによる事業改善
までお任せしたいなら
TOKYO経理サポート

TOKYO経理サポート

引用元:TOKYO経理サポート公式HP
(https://www.anshin-keiri.jp/)

社長応援パックなどの丸投げサービスに加え、コンサルティング業務も行うのが強み。

※選定条件
・経理外注・記帳代行センター
    Googleで「記帳代行 東京 安い」と検索して表示された17の経理代行会社のうち、短納期に対応を明記しており、50~100仕分けの値段が最安値(2022年2月4日時点)
・経理の特命レスキュー隊
    Googleで「経理代行」と検索して表示された本社が東京にありスタッフ派遣を行っている18の経理代行会社のうち、時間単位でのスポット派遣を行っている(2022年2月4日時点)
・TOKYO経理サポート
Googleで「経理代行 東京」で検索して表示された東京に本社がありコンサル提案できる27の経理代行会社のうち、コンサルティングの対応サービス範囲が最多(2022年4月12日時点)