自社の経営参謀を探せ!経理代行SEARCH » 経理業務のこんな悩みで困っていませんか?

経理業務のこんな悩みで困っていませんか?

経営者の悩みあるある、
経理業務編

このカテゴリーでは現在少なからず経理業務で悩みや課題を抱えている経営者のために、経理代行を利用することで解決できることを解説しています。

詳細ページでは企業にとってよくあるシーンを定めて、その状況における問題とどのような解決方法が期待できるかをまとめてみました。

自分が経理対応をして本業に手がつかない

創業間もない時期であれば、会社の重要業務のほとんどを経営者が抱え込んでしまって、かえって業務全体がスタックしてしまうというのはよくある話。加えて、経理業務は社内スタッフに知られたくない要素も多々あるため、中小企業でこうした状況が少なからず見受けられるわけです。

経理業務を代行会社に任せたい

経理担当が辞めてしまう

社内に経理担当者がいたとしても、未来永劫会社にいてくれるわけではなく、ある程度人材の出入りは覚悟しておく必要があります。

そういった意味で中小企業の経理業務を見てみると、経理担当がいても最小人数で回しているケースがほとんど。欠員が出て、経理経験者を新規採用するとなるとコストと時間もバカにならず、大きな損失にもなりかねません。

経理担当が辞めるので困っている

経理を社員に任せられない

このパターンは、今まで一度も社員に経理を任せたことがないというケースと、かつて社員に経理を任せたことでトラブルになったというケースに大別することができます。

中でも問題なのが後者。規模の小さな会社だと経理業務は属人化せざるを得ないため、万が一の時に備えたリスク回避策まで手が回らないのも実状です。

経理業務は社員に任せられない

今の税理士を代えたい

社内に経理担当はいなくても、顧問契約している税理士はいて、その対応などに不満を感じている経営者もいるでしょう。特に、世襲した同族会社などは、先代からの付き合いがある税理士に頭が上がらないといった話もよく聞きます。

税理士を変更する場合、注意しておくべき点も複数あるので、ご覧ください。

現在の税理士を代えたい

親族が経理を担当している

他人である社員には経理を任せられなくても、経営者の奥さんなど身内であれば数字を知られてもいいし、繁忙期に無理をいいやすい。そんなことが動機となって、親族に経理を担当させるケースもあるでしょう。

しかし、たまたま適材適所な人材が身内にいるケースを除けば、会社経営としてはマイナス要因もあります。

経理業務を親族の担当から代えたい

経理体制をもっと改善したい

経理に精通していない経営者であっても、経理業務を疎かにすることはできません。とはいえ、営業や企画、製造などを得意とする経営者なら、経理業務にあまり時間を割くことはできないでしょう。

そういった時、自社の経理体制が効率的に回っているのか、問題点はないのか、気付かないことも多々あります。

経理業務に関する体制を改善したい

法人税の節税対策をしたい

社会全体を支えるために必要な税金のひとつとして、法人の所得に対して課税される「法人税」があります。法人税には、知っていることで税額を節約できる様々な対策があります。また、継続的な事業運営をする上で、節税対策の活用は必要不可欠というべきものです。

法人税の節税対策のポイントは、「益金」を減らし、「損金」を増やすということです。損金としては、広告宣伝費や出張旅費といった経費はもちろん、従業員に対する賞与なども含まれます。具体的な節税対策についてまとめていますので、ぜひチェックをしてみてください。

法人税の節税対策とは?

経理業務と派遣社員について

多様な働き方が増えている昨今、バックオフィス業務においても派遣社員が業務をおこなっていることが珍しくなくなりました。会社のお金の動きを把握する経理の業務についても、派遣社員があたっている企業もあります。

経理スタッフとして派遣社員を雇い入れることには、メリットとデメリットがそれぞれあります。時給換算すれば人件費のコストは正社員とそれほど変わらないため、経理代行会社にアウトソーシングすることも検討してみましょう。

経理業務は派遣社員に任せた方がいい?

会計ソフトの悩みと解決策とは?

「せっかく導入したのに、会計ソフトの使い勝手が悪くて仕方ない」という悩みを抱えている人は、少なくありません。その原因は、会計ソフトを選ぶ際に、自社の経理上の課題を解決するものではなく、「なんとなくで選んでしまった」「多機能だから便利だと思った」などの失敗が潜んでいるものです。

そもそも「会計ソフト」とはどのようなものでしょうか?最近登場している「クラウド型」のソフトをはじめ、会計ソフトを導入することのメリットやデメリットをしっかりと把握して、導入を検討するようにしましょう。

会計ソフトの悩みと解決策とは?

税務調査の対応も経理代行でできる?

いつあっても不思議ではないのが、税務署による税務調査です。税務調査とは、申告された税金が本当に正しいものかどうか、税務署が会社にやってきて確認することで、普段から正しい税務を行っていれば心配はありません。とはいえ、プロの税理士でもなければ、専門的な知識に通じていない素人である以上、どのようなことに気をつければいいのか、不安に思うこともあるでしょう。

そんな税務調査について、経理代行に依頼することのメリットをはじめ、税理士代行と経理代行の違い、税務調査にむけて普段から気をつけたいポイントなどについて解説しています。

 

税務調査の対応も経理代行でできる?

個人事業から法人成したい

事業が順調に成長してくると、個人事業主が法人化を考えるタイミングがやってくるものです。個人事業主の法人化=「法人成り」には、事業の売り上げが大きく関わってきますが、その分岐点は、どこにあるのでしょう?また、法人のメリット・デメリットについて、あらかじめ知っておくべきことはたくさんあります。

そのほか、法人化に必要な手続きはもちろん、法人になることで、個人事業主であれば行う必要がなかった、新たに行わなくてはならない手続きや事務作業などについても解説します。

個人事業から法人成したい

事業承継をスムーズにおこないたい

中小企業をはじめ、日本では経営者の事業継続が大きな課題になっています。現在の傾向として親族内承継よりも親族外承継が増えていることを背景に、従業員はもちろん、M&Aによる事業承継も進んでいます。事業承継を行う手段について、詳しく知って置くことは非常に重要です。

また事業承継では、引き継がれる経営者の負担にならないように、税制対策もしっかり行いたいところ。事業承継における税制対策の方法についてもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

事業承継をスムーズにおこないたい

経理に手が回らず資金繰りが悪化した

中小企業では経営者が現場と経理を両方担うケースが多く、事業に専念できずに資金繰りが上手くいかないことも少なくありません。自社の経理状況を把握できておらず、気付かないうちに少しずつ資金繰りが悪化しているパターンもあります。

日々の業務が忙しいと銀行担当者との関係構築も難しいため、いざというときに融資を受けることができません。資金繰り悪化の原因はさまざまなことが考えられますので、対策とセットでしっかり把握して回避しましょう。

経理に手が回らず資金繰りが悪化した

経理の不正に関する原因や事例、対策

経理の不正原因は複数あります。「不徹底なチェック体制」「横領するはずがないという思い込み」「経理担当者の仕返し」などが挙げられます。加えて、経理担当者による横領の事例は少なくありません。世を賑わせた事件もありますし、小さい横領の可能性も否定できません。

経理の不正を防ぐなら、容易に横領ができない仕組みを作ることが肝心です。内部監査や帳簿の作成やチェック体制を厳しくすることが対策になります。また、第三者である経理代行サービスの利用も経理の不正防止に役立つでしょう。

経理の不正に関する原因や事例、対策

一人経理のリスク対策について

一人で経理業務をすべて担当できることで、担当者側はスキルアップにつながり、経営者側は人件費が抑えられ、お金の流れを把握しやすいといったメリットがあります。その一方で、ミスを見つけにくく、代わりのスタッフがいないことで経理業務がストップしてしまうといったデメリットも多いようです。一人経理を続ける場合には、対策を講じる必要があります。

一人経理のリスク対策について

経理代行を税理士に依頼したい

専門知識が必要であり、さまざまな書類をまとめる必要がある経理業務。経理代行を行う外部の業者に託すことで、これまで経理業務にかかっていた大幅な時間と労力を抑えることができ、スタッフが本業に専念できることで業績アップも期待できます。ただ、経理代行業者に依頼する場合、決算申告は納税者あるいは税理士に依頼する必要があります。

経理代行を税理士に依頼したい

中小企業で経理をアウトソーシングしたい

小規模な企業の場合、経理担当者にあまり多くの人材を確保できず、かといってアウトソーシングは機密情報の漏洩といったリスクが心配と考えるケースもあるでしょう。また、どこまで活用すべきかといった問題もあります。中小企業が経理業務をアウトソーシングする際のメリットやデメリット、アウトソーシングの活用事例をチェックしてみましょう。

中小企業で経理をアウトソーシングしたい

経理の属人化を解決したい

経理担当者が長年蓄積してきた知識やスキルを、ほかの担当者と共有せずにいることでおこる「属人化」。経理は専門領域が多いため、属人化しやすい業務でもあります。普段の業務に支障がないように見えて、担当者が急に欠けると、会社は大きな損失を被るおそれも。属人化を解消するには、業務を「見える化」することが鍵となります。

経理の属人化を解決したい

経理業務を自計化したい

経理業務の効率化を図るために、会計事務所や税理士から自計化を勧められることがあります。ただ、会社によっては自計化を導入しない方が良い場合も。経理を自計化するメリットやデメリット、導入すべき会社などについて解説します。

経理業務を自計化したい

必要経費の種類について

事業のための支出であれば必要経費として認められますが、中には経費として認められないものもあります。損金と経費の関係や、経費の基本項目、経費で落とすメリット・デメリット、税務署に注意されやすい領収書などについて解説します。

必要経費の種類について

経理は自動化の流れが進むのか?

定型業務が多くを占めている経理業務は、決められた業務を自動で行うツールRPA(Robotic Process Automation)と相性が良いといわれています。RPAを導入する企業も多く、将来的に経理業務の多くがRPAに移行し自動化すると予測できそうです。しかし経理業務は、単純なルーティン作業だけにとどまらないため、将来的に自動化が進んでいったとしても、人間の介入が不可欠になります。

経理は自動化の流れが進むのか?

経理業務はテレワークで行えるのか?

働き方の多様化が進んでおり、経理業務をテレワーク化したいと考える企業も出てきています。しかし、経理業務をテレワークで行うためには、紙ベースの業務フローの見直しやセキュリティの管理など、注意すべきポイントも多くあります。

経理業務はテレワークで
行えるのか?

経理業務における入金管理

経理業務のひとつに、取引先からの入金を確認したり、未入金の請求分について督促したりするものがあります。これらは総称して「入金管理」と呼ばれ、企業の安定経営の基盤として欠かせない業務内容となっています。

経理業務における入金管理

経理スタッフが突然に退職した場合

経理を任せていた担当者が何らかの事情で急に退職することは企業にとって大きなリスク。属人化しやすい側面もある業務だからこそ、備えのない状態で担当者の変更が発生すれば、対応に多大な労力を費やします。

経理スタッフが突然に退職した場合

経理業務の引き継ぎマニュアル

経理担当者が休職したり退職したりする時、後任者へ十分な引き継ぎ期間がない場合、引き継ぎマニュアルの有無が重要です。マニュアルを読んだ人が、誰でもスムーズに業務を引き継げるような完成度の高いマニュアルを作成するには、注意すべきポイントが多数あります。

経理業務の引き継ぎマニュアル

経理業務のAI化

AI(人工知能)を活用した会計ソフトなどを導入する企業が増えていますが、経理業務の完全AI化には問題点もあります。AIを最大限に有効活用するためにも、経理人材の特性について正しく把握しましょう。

経理業務のAI化

経理の勉強を効率的に進める方法とは?

経理の勉強をするのであれば、基本の復習やおさらいがおすすめです。専門分野の資格取得や検定の合格を狙っている方はもちろん、実務に慣れてきた中級者の方でも継続的に勉強をしておくと良いでしょう。

経理の勉強を効率的に進める方法とは?

経理業務のミスを減らす方法とは?

経理業務のミスを減らすには方法があります。人間はミスをするものだということを前提にミスの対策を考えましょう。普段から見直しを習慣化し、起きやすいミスをまとめたチェックリストや業務フローを作成して、周りの人と共有するのもいいでしょう。

経理業務のミスを減らす方法とは?

経理の年間スケジュールについて

経理業務の年間スケジュールを把握することで、適切な準備を行い、業務をスムーズにこなすことができます。最低限、月次でどのような業務を行っていく必要があるのかを把握し、業務に臨むようにしましょう。

経理の年間スケジュールについて

経理業務における「書類整理」について

経理業務では、「書類整理」を意識しましょう。書類整理がいい加減になっていると、必要書類を探すだけで時間も手間もかかりますし、誤って廃棄することさえもありえます。書類整理のポイントを理解すれば、経理業務全体の負担を軽くできるでしょう。

経理業務における「書類整理」について

黒字倒産の原因とリスク回避の方法とは?

黒字倒産とは、帳簿上では黒字だが会社が倒産してしまう状況のことを指します。商品やサービスを販売しても、即座に代金が入金されるとは限らず、遅くて数カ月先になるケースもあります。手元に現金がない期間で、取引先への支払いができないと黒字でも倒産するのです。

黒字倒産の原因とリスク回避の方法とは?

経理担当者が知っておくべき「ROS」とは?

経理担当者なら「ROS」について、知っておきましょう。ROSは、経営状態を把握するための指標です。経理状態の良し悪しがパーセンテージによってあらわされるため、客観的に判断できます。ほかにも「ROI」や「ROE」などといった指標があるので、理解しておけば経理の立場から経営へのアドバイスもできるようになるでしょう。

経理担当者が知っておくべき「ROS」とは?

インボイス制度(インボイス方式)について知る

2021年(令和3年)10月から登録受付が開始されるインボイス制度(インボイス方式)。導入は2023年(令和5年)10月からです。取引内容や消費税率、消費税額などを記載した請求書を発行・保管する本制度。経理担当者が新たに対応する項目となる制度の記載事項や登録申請、インボイス制度が与える事業者への影響などについてまとめています。

インボイス制度(インボイス方式)について知る

給与計算のポイント

給与計算で注意するべきポイントを中心に、給与計算の手順や行政機関への届け出などについてまとめています。

給与計算のポイント

電子マネーの経費化について

日本でも普及が進んでいる電子マネー。経費処理を行うタイミングはいつなのか、社内ルールをどうすべきかなど、経理上悩むポイントについて解説しています。

電子マネーの経費化について

外注費の取り扱いについて

外注費とは業務を外部委託するときに使う勘定科目です。メリットやデメリット、外注費と給料の違い、ミスが起こりやすい処理や取り扱いなど、外注費に関する基礎知識についてまとめています。

外注費の取り扱いについて

減価償却費の取り扱いについて

減価償却とは、固定資産の購入費用を定められた使用年数に応じて経費計上するための勘定科目。減価償却費の計算方法や決算処理などについてまとめました。

減価償却費の取り扱いについて

端数処理で変わる消費税の取り扱いについて

現在の消費税端数の取り扱いから、令和5年より導入されるインボイス制度導入後の端数処理を比較しています。変更点や端数処理で生じる金額誤差の注意点を確認しておきましょう。

端数処理で変わる消費税の取り扱いについて

関係会社・関連会社・グループ会社の違い

関係会社・関連会社・グループ会社の用語について解説。出資割合の違いや経理上の処理の注意点、会社法の知識など、経理担当が知っておくべき基礎知識です。

関係会社・関連会社・グループ会社の違い

収益認識基準ってどういうもの?

2021年4月から新しい会計ルールとして設けられた収益認識基準(収益認識に関する会計基準)は、すべての企業が適用対象となります。収益認識基準に沿った経理処理が求められるため、業務フローやシステムの見直し、人員の確保、移行期間に必要なスケジュール調整などの対策が必要です。

収益認識基準の適用による影響とは?

電子帳簿保存法の法改正で何が変わるのか?

電子帳簿保存法とは、保存が義務付けられている国税関係書類において電子データでの対応を認める法律です。これまでにも何度か法改正が行なわれており、2022年1月1日から施行される新たな電子帳簿保存法は、より多くの企業が導入しやすいように要件や制度の抜本的な見直しがされています。ただし、法改正によって留意すべき点もあるため、注意が必要です。

電子帳簿保存法の法改正による変更点とは?

知っておきたいIFRS(国際会計基準)の基礎知識

IFRSとは、世界共通の会計基準を目指して策定された国際会計基準です。120ヶ国以上の国で採用されており、日本においてもIFRSに基づく収益認識基準の適用が2021年4月から開始。IFRSは従来の日本会計基準とは財務報告のルールや利益の考え方などが異なり、導入にあたって経理の事務負担や人材教育、システム変更に伴うコストなどが課題となっています。

IFRS(国際会計基準)について学ぶ

法人カードで経費処理が楽になるって本当?

法人カードとは、企業や個人事業者向けのクレジットカードのことです。法人カードを導入することで経理ソフトへの手入力や小口現金の精算業務などが不要になり、経費処理の負担が大幅に軽減されるメリットがあります。ここでは法人カードのメリットや注意点、経費処理を行なうポイントをまとめてみました。

法人カードで経費処理が楽になる理由

サブスクの経理処理ってどうすればいい?

新たなビジネスモデルとして注目を集めているサブスク。ソフトウェアライセンスの定額利用サービスをはじめとしたサブスク型のサービスを利用している企業も増えているほか、サブスク型のサービス提供に乗り出す企業も次々と登場しています。ここではサービス提供側、または導入側から見たサブスクの経理処理のポイントについて解説します。

サブスクの経理処理のポイントを解説

経理改善におすすめのチャットボットとは?

チャットボットは、社内問い合わせに対する回答の際などに役立つ、人工知能が備わった自動会話プログラムのことです。AI型とシナリオ型があり、どちらにも業務効率化アップのメリットが期待されます。導入する際に失敗しないよう、導入時のポイントも抑えておいてください。

チャットボットとは?

経理で押さえておくべき「予実管理」とは

予実管理とは予算と実績を比較・分析することで、到達具合などを明確にする方法です。定期的に予実管理を行うことによって、ズレを最小限に抑えられるでしょう。予算を都度修正する、予算を細分化することも重要になります。

予実管理とは?

使途不明金を防止する方法

使途不明金は使った目的が明確でない支出のことで、使途秘匿金は支出先も不明な支出のこと。この二つは似ていますが、違法性が大きく違ってきます。使途不明金が発生すると増税に繋がってしまうため、発生させないように対策を講じることが重要です。

使途不明金を防止する方法とは?

シェアードサービスセンター(SSC)とは

SSCはグループ企業の経理・人事などのコーポレート業務を担っている会社のことで、導入することで費用削減や業務効率化アップを狙えます。アウトソーシングの違いも含めて、どのような形で導入するのか慎重に検討してください。

SSCとは?

経理で押さえておきたいCCCとは

仕入債務から売上債務を回収するまでの期間のことで、経営状態などを把握する上で重要な指標となります。CCCが短ければ短いほど経営状態が良好とみなされ、安定した経営を行えるでしょう。CCCを短くするためにも経営の見直しが大切です。

CCCとは?

あなたにおすすめの経理代行業者

このサイトで注目するのは、経理業務をまとめて任せることができる代行会社です。

ただし、経理代行といっても代行会社によって特徴が様々で、対応できること・対応できないことがあります。 ここでは、多岐にわたる経理業務を丸投げできる経理代行会社をピックアップしています。

依頼方法として「アウトソーシング型」と「常駐型」の2パターンに分かれますが、
今回は、『様々なパターンの経理代行業務に対応できるアウトソーシング型の会社』『専任スタッフの派遣常駐を得意とする常駐型の会社』をそれぞれ1社ずつ紹介していきます。

アウトソーシング型が得意
経理業務に割きたくない社長へ
TOKYO経理サポート

TOKYO経理サポートHPキャプチャ

税理士運営の会社。社長応援パックなどの丸投げサービスに加え、さらなる業務効率化に繋がるクラウド化の提案などのコンサルティング業務も評判。

常駐型が得意
丁寧なサポート対応なら
NOC

NOC日本アウトソーシング株式会社HPキャプチャ

30年以上の歴史があり、バックオフィスをすべてサポート。