自社の経営参謀を探せ!経理代行SEARCH » 経理業務のこんな悩みで困っていませんか?

経理業務のこんな悩みで困っていませんか?

経営者の悩みあるある、経理業務編

このカテゴリーでは現在少なからず経理業務で悩みや課題を抱えている経営者のために、経理代行を利用することで解決できることを解説しています。

詳細ページでは企業にとってよくあるシーンを定めて、その状況における問題とどのような解決方法が期待できるかをまとめてみました。

自分が経理対応をして本業に手がつかない

創業間もない時期であれば、会社の重要業務のほとんどを経営者が抱え込んでしまって、かえって業務全体がスタックしてしまうというのはよくある話。加えて、経理業務は社内スタッフに知られたくない要素も多々あるため、中小企業でこうした状況が少なからず見受けられるわけです。

経理業務を代行会社に任せたい

経理担当が辞めてしまう

社内に経理担当者がいたとしても、未来永劫会社にいてくれるわけではなく、ある程度人材の出入りは覚悟しておく必要があります。

そういった意味で中小企業の経理業務を見てみると、経理担当がいても最小人数で回しているケースがほとんど。欠員が出て、経理経験者を新規採用するとなるとコストと時間もバカにならず、大きな損失にもなりかねません。

経理担当が辞めるので困っている

経理を社員に任せられない

このパターンは、今まで一度も社員に経理を任せたことがないというケースと、かつて社員に経理を任せたことでトラブルになったというケースに大別することができます。

中でも問題なのが後者。規模の小さな会社だと経理業務は属人化せざるを得ないため、万が一の時に備えたリスク回避策まで手が回らないのも実状です。

経理業務は社員に任せられない

今の税理士を代えたい

社内に経理担当はいなくても、顧問契約している税理士はいて、その対応などに不満を感じている経営者もいるでしょう。特に、世襲した同族会社などは、先代からの付き合いがある税理士に頭が上がらないといった話もよく聞きます。

税理士を変更する場合、注意しておくべき点も複数あるので、ご覧ください。

現在の税理士を代えたい

親族が経理を担当している

他人である社員には経理を任せられなくても、経営者の奥さんなど身内であれば数字を知られてもいいし、繁忙期に無理をいいやすい。そんなことが動機となって、親族に経理を担当させるケースもあるでしょう。

しかし、たまたま適材適所な人材が身内にいるケースを除けば、会社経営としてはマイナス要因もあります。

経理業務を親族の担当から代えたい

経理体制をもっと改善したい

経理に精通していない経営者であっても、経理業務を疎かにすることはできません。とはいえ、営業や企画、製造などを得意とする経営者なら、経理業務にあまり時間を割くことはできないでしょう。

そういった時、自社の経理体制が効率的に回っているのか、問題点はないのか、気付かないことも多々あります。

経理業務に関する体制を改善したい

あなたにおすすめの経理代行業者3選

とにかく安くすませるなら
経理・給与計算代行センター

東京 経理・給与計算代行センターHPキャプチャ

経理代行の作業に特化したBPOの会社。自社で手を動かすため税理士や社労士とは違いコストが抑えられる。

経理業務に割きたくない社長へ
TOKYO経理サポート

TOKYO経理サポートHPキャプチャ

税理士運営の会社。社長応援パックなどの丸投げサービスに加え、さらなる業務効率化に繋がるクラウド化の提案などのコンサルティング業務も評判。

丁寧なサポート対応なら
NOC

NOC日本アウトソーシング株式会社HPキャプチャ

30年以上の歴史があり、バックオフィスをすべてサポート。