自社の経営参謀を探せ!経理代行SEARCH » 経理代行会社一覧 » ライト・コミュニケーションズ

ライト・コミュニケーションズ

中野区で毎月150社以上の記帳代行を行っているライト・コミュニケーションズの特徴や評判などについて紹介します。

ライト・コミュニケーションズの特徴や評判

ライト・コミュニケーションズの対応業務

ライト・コミュニケーションズが提供する主な経理代行サービスを以下に紹介します。

ライト・コミュニケーションズHPキャプチャ 引用元HP:ライト・コミュニケーションズ公式HP
http://write-com.co.jp/
  • 記帳代行
  • 決算業務
  • 給与計算代行
  • 助成金申請
  • 年末調整事務
  • 資金繰り表作成
  • 銀行振込
  • 銀行借入書類の作成代行

ライト・コミュニケーションズの特徴やアピールポイント

ライト・コミュニケーションズが行っている経理代行サービスの特徴的な部分を紹介します。

ライト・コミュニケーションズの独自サービス

ライト・コミュニケーションズの記帳代行では、専任の入力担当が経理処理を手がけています。営業担当が会計帳簿や管理資料を最短5営業日後に届けてくれるので、長く待たずに経営状況を把握可能です。煩雑な事務処理から解放されるため、通常業務に集中できます。

他の決算申告駆け込み記帳代行や青色申告代行サービスと組み合わせることで、中堅企業並みの業務支援も受けられます。

ライト・コミュニケーションズのサービスを振り返って

経理の記帳代行をメインにサービスを提供しているライト・コミュニケーションズ。税務業務を受け持つ「ライト税理士法人」、社労士業務を受け持つ「ライト社会保険労務士法人」とともに取り組みながら、経理や給与から総務や人事、労務、税務、会計といったサービスを、ワンストップで提供していつことが特徴です。
こうした、経理代行にプラスされたサービス提供を行う会社を他にもリサーチ・まとめています。会社選びに活用してみてください。

経理代行導入のメリットを解説している画像

経理代行サービスといっても代行会社によって対応範囲は様々です。自社対応と経理代行サービスのどちらが
コストメリットやリスク管理につながるかを比較しながら、サービスの利用を検討してみるのをおすすめします。

ここでは、おすすめの経理代行会社の経理業務のサポート範囲と費用目安を比較しているので、
依頼を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

対応範囲と費用で比較!
あなたにあった
経理代行業者を見る詳細はこちら

ライト・コミュニケーションズのお問い合わせ後の流れ

ライト・コミュニケーションズに記帳代行を依頼する場合の、問い合わせから契約までの流れを紹介します。

お問い合わせ

公式サイトの問い合わせフォーム、電話

無料相談

相談料は無料

打合せ

営業担当者が依頼された企業の状況を詳しく確認

証票の受け取り

月末に会社が締めた証票を翌月の5日頃までに実施。翌月5日前後では間に合わない場合は、証票の揃う時期に受け取りに来てくれます。

証票の確認と並び替え

毎月の証票を日付順に並び替えてから経理処理を実行。経理を終えたらそのまま綴じ込み、決算が終わるまでライト・コミュニケーションズで保管します。

経理記帳

専任の入力担当が、証票入力作業とチェックを行います。同時に企業の「入力の注意事項」も作成。経理記帳を終えてから出た不明点は、帳簿の納品時に営業担当が確認します。

月次残高チェック

売掛金や買掛金の残高チェックを行います。入金サイト、支払サイトが普段と違う場合は、取引形態に変更がないか確認します。

納品

最短5営業日で、営業担当が月々の損益の分かる会計帳簿を納品します。経理を終えての不明点や不足の証票があれば確認を実施。納品をもって記帳代行は完了です。

ライト・コミュニケーションズの導入事例と評判

ライト・コミュニケーションズの導入事例と評判は見つけられませんでした。

ライト・コミュニケーションズの主な料金形態

ライト・コミュニケーションズの経理代行サービスにおける主な料金を表にまとめてみました。

サービスメニュー

代行料

月額記帳料

200仕訳まで27,500円(以降50仕訳ごとに6,875円)(税込)

月額債権債務管理料

200仕訳まで2,200円(以降50仕訳ごとに550円)(税込)

初期登録料

27,500円(税込)

決算処理及び修正記帳料

27,500円(税込)

ファイリング料

11,000円(税込)

コンサルティング料

11,000円(税込)

ライト・コミュニケーションズの基本情報

経理代行といっても代行会社によって対応範囲は様々です。
ここでは、多岐にわたる経理業務の対応・サポートができる経理代行会社3社をピックアップ。各社の対応可能範囲をまとめました。

お困り事や時期・ニーズ
によって短期~中長期
までカバーできる
経理の特命レスキュー隊

経理の特命レスキュー隊

引用元:経理の特命レスキュー隊株式会社公式HP
(https://www.accounting-rescue.com/)

税理士や日商簿記検定1級などの会計資格を持った「隊員たち」が幅広い知識でサポート。

最小限のサポート
を受けるなら
経理外注・記帳代行センター

経理外注・記帳代行センター

引用元:経理外注・記帳代行センター公式HP(https://www.tokyo-keiri.com/)

領収書や請求書のファイリングから記帳代行、請求管理代行など、対応範囲が広いのが強み。

幅広いコンサル対応
を希望するなら
TOKYO経理サポート

TOKYO経理サポート

引用元:TOKYO経理サポート公式HP
(https://anshin-keiri.eiwa-gr.jp/)

社長応援パックなどの丸投げサービスに加え、コンサルティング業務も行うのが強み。

※選定条件
・経理の特命レスキュー隊
Googleで「経理代行」と検索して表示された本社が東京にありスタッフ派遣を行っている18の経理代行会社のうち、時間単位でのスポット派遣を行っている(2022年2月4日時点)
・経理外注・記帳代行センター
Googleで「記帳代行 東京 安い」で検索して表示された17の経理代行会社のうち、短納期に対応を明記しており、50~100仕分けの値段が最安値(2022年2月4日時点)
・TOKYO経理サポート
Googleで「経理代行 東京」で検索して表示された東京に本社がありコンサル提案できる27の経理代行会社のうち、コンサルティングの対応サービス範囲が最多(2022年4月12日時点)