自社の経営参謀を探せ!経理代行SEARCH » 経理代行会社にお願いできる主なサービス » 会社設立代行

会社設立代行

設立登記は司法書士が行う会社設立代行とは

このページでは書類作成や手続きなど専門知識が必要な作業を依頼できる会社設立代行について、サービスの概要やコンサル面でのメリットなどを紹介します。

会社設立代行の概要

会社設立代行サービスに対応しているのは、専門の会社設立代行会社や司法書士事務所、そして税理士事務所や行政書士事務所など。

会社設立代行サービスに依頼できること

会社設立代行にアウトソーシングできる内容について、要点を説明します。

会社に関する情報を会社設立代行会社に提出したり、資本金の振込といったことは依頼側で行いますが、専門性が高く時間がかかる作業のほとんどを代行してくれるわけです。

会社設立代行の注意点

会社設立代行サービスの利用を検討する際、注意しておくべきポイントを紹介します。

自分で手続きすると実費がかさむ部分もあり

上で触れましたが、定款は専用システムがないと電子化できず、40,000円の印紙代が必要となります。代行サービスを利用すればその料金はかかりますが、実費面で得する面もあるわけです。

設立代行が無料というサービス

会社設立代行サービスの中には無料対応をセールスポイントとしているケースがあります。もちろん会社設立時の手続きだけを無料で請け負うわけではなく、例えば税理顧問契約を締結することで会社設立代行を割り引くわけです。

この際、費用対効果は最低でも年単位で検証する必要があるのと、税務署への設立届出は税理士に依頼することになる点、そして創業支援サービスなども加味して検討するといいでしょう。

会社設立代行を利用することによるコンサル面でのメリット

中小企業の経営者にとっては、会社設立代行を利用することによって経営的なコンサルティング効果を得られることもあります。その主なポイントを紹介しておきましょう。

創業支援サービスも合わせて検討する

経営者にとって会社設立はあくまでスタートラインに立つことで、事業はそこから始まります。会社設立代行サービス単発で依頼するより、創業支援サービスとしてバックオフィス業務をアウトソーシングできる業者を探すことをおすすめします。

例えば、経理代行サービスの中にも創業支援に注力しているところがあり、創業から一定期間はお得な料金設定になっているケースもあるのです。

コンサルティングできる業者なら設立前も頼りになる

株式会社か合同会社か、資本金はいくら用意すべきか、定款の内容をどうするかなど、的確なアドバイスをしてくれる業者の方がよりよい事業スタートができるでしょう。

よくある会社設立代行の悩み/ケーススタディ

会社設立代行サービスを利用した事例で、その企業の悩みがどのように解決されたかを紹介します。

税理士法人に会社設立代行を依頼したケース

会社設立にあたってイニシャルコストを抑えつつ、事業開始後の記帳代行もリーズナルなコストでアウトソーシングできるところを探していました。結果、わかりやすく親身な対応で会社登記を終え、専任スタッフによる記帳代行サービスを継続活用しています。

あなたにおすすめの経理代行業者3選

とにかく安くすませるなら
経理・給与計算代行センター

東京 経理・給与計算代行センターHPキャプチャ

経理代行の作業に特化したBPOの会社。自社で手を動かすため税理士や社労士とは違いコストが抑えられる。

経理業務に割きたくない社長へ
TOKYO経理サポート

TOKYO経理サポートHPキャプチャ

税理士運営の会社。社長応援パックなどの丸投げサービスに加え、さらなる業務効率化に繋がるクラウド化の提案などのコンサルティング業務も評判。

丁寧なサポート対応なら
NOC

NOC日本アウトソーシング株式会社HPキャプチャ

30年以上の歴史があり、バックオフィスをすべてサポート。