自社の経営参謀を探せ!経理代行SEARCH » 経理業務のこんな悩みで困っていませんか? » 自分が経理対応をして本業に手がつかない

自分が経理対応をして本業に手がつかない

中小企業こそ経理代行を利用して本来業務に注力すべし

このページでは経営者自身が経理業務を担当すると、本来の業務に集中できないという悩みに対して、経理代行を利用することで改善できるポイントを紹介します。

中小企業の経営者が自分で経理業務を抱え込む理由

中小企業庁が平成24年度に調査したデータによると、中小企業の44.5%が経理を会社代表者やその家族が担当しているのだそうです。

まあ、経営者からしてみれば自分の会社なので経営状況を把握しておきたいと思うのは至極当たり前のこと。放蕩経営よりはよほどいいともいえるのですが、この金勘定を身内だけで共有するという考え方には、企業が成長していく上で支障となる面もあります。

ここでは、多くの中小企業の経営者が自分で経理業務を抱え込んでしまうメンタル面でのポイントについて考えてみましょう。

スタッフに財務状況を知られたくない

経営状況が悪い場合だけでなく、すごく儲かっている場合も含めて、企業としての懐具合をスタッフに知られたくないがために、自分で経理業務を抱え込んでしまうケースは珍しくありません。

給与や税金・社会保険などスタッフの個人情報を任せられない

社員の給与に代表されるように、経理業務にはスタッフの重要な個人情報が含まれます。待遇格差なども含めて、情報をクローズにしておきたい経営者としては、内部スタッフに経理を任せることに抵抗を感じるものです。

経営者本人が経理業務を担当することの問題点 1

経営者本人が経理業務を担当することで起きる一番の弊害はコレ。

経理業務が遅延したりミスが多くなる

一般的な企業の月末月初の状況をイメージしてみてください。月末の納品に追われつつ、経費や外注費などを確認して請求書発行をしなければなりません。

こうなると領収書やレシートの記帳や伝票整理などはどうしても後回しになったり、計算ミスも起きやすくなるわけです。

経営者本人が経理業務を担当することの問題 2

経営者本人が経理業務を担当することの弊害で、意外に気づきにくい点がコレ。

正確な財務状況が把握できず経営判断を誤る

経理業務を後回しにしたり、数字の正確性が怪しい状況になってしまうと、その時々の財務状況を正確に把握することができなくなります。

例えば、新規大型案件の引き合いがあったとして、キャッシュフローをちゃんとわかっていないと、案件を受けても資金繰り悪化で立ち行かなくなるリスクもあるわけです。

経理代行にアウトソーシングすることで改善されるポイント

経営者本人が経理業務を抱え込む理由とそれに伴うリスクがわかったところで、経理代行にアウトソーシングすることによる改善ポイントをまとめてみましょう。

あなたにおすすめの経理代行業者3選

とにかく安くすませるなら
経理・給与計算代行センター

東京 経理・給与計算代行センターHPキャプチャ

経理代行の作業に特化したBPOの会社。自社で手を動かすため税理士や社労士とは違いコストが抑えられる。

経理業務に割きたくない社長へ
TOKYO経理サポート

TOKYO経理サポートHPキャプチャ

税理士運営の会社。社長応援パックなどの丸投げサービスに加え、さらなる業務効率化に繋がるクラウド化の提案などのコンサルティング業務も評判。

丁寧なサポート対応なら
NOC

NOC日本アウトソーシング株式会社HPキャプチャ

30年以上の歴史があり、バックオフィスをすべてサポート。