自社の経営参謀を探せ!経理代行SEARCH » 経理代行会社の選び方 » 納期を守り、期日通りに提出してくれるか

納期を守り、期日通りに提出してくれるか

当たり前でも絶対外せない!納期を守る経理代行会社選び

このページでは忙しい時期でも業務の精度を落とさず期日を守る、経理代行会社選びにおける納期厳守の重要性を紹介します。

注意しておきたい、経理代行サービスと納期との関係性

経理代行サービスのように数字を扱う業務では高い正確性が求められますし、厳格な仕事をするようなイメージがあると思います。もちろん、多くのきちんとした経理代行会社なら、そうした仕事ぶりが期待できると思いますが、経理代行というサービスの特性上、中には納期がルーズになってしまう業者もいるので注意してください。

その理由として挙げられるのが、多くの企業で売上(掛け)取引を月末締めとしている点です。請求書を発行するために当月の売上をチェックしたり、仕入先からの請求書に洩れや間違いがないかのチェックも、おおむね月末から翌月初の作業となります。

このため、経理代行会社の業務は翌月初めに集中し、十分な業務体制を整えていない業者や、そもそも案件獲得を最優先として実務を二の次にしているような業者だと、期日に遅れたり、仕事の精度が落ちたりすることがあるわけです。

決算・申告を依頼する場合に知っておくべきこと

中小企業の経営者であれば、毎期の決算・申告が頭を悩ませる要因のひとつといえるでしょう。これは申告期間が決められているため、期日に遅れることは許されないもの。

経理代行業務の納期をきちんと守る経理代行会社を選ぶことは最低条件として、依頼する側としても認識しておかなくてはならないポイントがあります。

前もって年間の業務スケジュールが提示されること

経理代行では、依頼業務の納期を守ることは当たり前のようでも、意外に守りにくいものです。そのため、前もって年間の業務スケジュールを作成・提示のうえ、会社側のやるべき必要資料の送付時期などもわかりやすくまとめて案内してくれるような業者が信頼できると思います。

逆にいえば、初めて依頼する際に、何の資料も出さないまま、「納期は必ず守ります」などと軽々しくいうような業者には注意しましょう。

12月から1月は年末調整や法定調書などの作業が必要

季節的に業務が集中するのが12月から1月末にかけてで、給料の年末調整や法定調書の作成などへの対応で、会計事務所も代行会社も大忙しに。

加えて、償却資産税の申告や法定調書の合計表などの期限は1月末なので、これらも含めて効率的なやりとりをする必要があり、スケジュール管理がきちんとしている経理代行会社とそうでない業者とでは、信頼性という意味で大きな差ができてしまうのです。

あなたにおすすめの経理代行業者3選

とにかく安くすませるなら
経理・給与計算代行センター

東京 経理・給与計算代行センターHPキャプチャ

経理代行の作業に特化したBPOの会社。自社で手を動かすため税理士や社労士とは違いコストが抑えられる。

経理業務に割きたくない社長へ
TOKYO経理サポート

TOKYO経理サポートHPキャプチャ

税理士運営の会社。社長応援パックなどの丸投げサービスに加え、さらなる業務効率化に繋がるクラウド化の提案などのコンサルティング業務も評判。

丁寧なサポート対応なら
NOC

NOC日本アウトソーシング株式会社HPキャプチャ

30年以上の歴史があり、バックオフィスをすべてサポート。