自社の経営参謀を探せ!経理代行SEARCH » 経理業務のこんな悩みで困っていませんか? » 親族が経理を担当している

親族が経理を担当している

企業として親族が経理担当であることの是非を検討

このページでは創業時からの流れで親族に経理を任せている経営者向けに、注意点と経理代行を利用することで改善できるポイントを紹介します。

経営者にとって親族に経理を任せたくなる理由

創業間もない会社であれば、経理担当スタッフを雇う方がレアケース。業務の大半を経営者本人がこなしたり、経理業務を奥さんに任せたりするのもよくある話。

これは、他人を雇う余裕がないという切実な問題があるのに加えて、経理業務の特性上、親族に頼ってしまう傾向があるのも事実。その理由を整理してみましょう。

会社の内情をスタッフに知られずに済む

経理業務は会社のリアルな経営情報を表すもの。経営状況が思わしくなければ、経理担当スタッフとしても不安を感じるでしょうし、転職を考えるかもしれません。

一方、業績好調な場合でも、経営陣が使っている経費実態などを知ることで、不満を感じるかもしれません。

いってみれば、こうした会社の懐具合を他人には知られたくないがため、親族に経理を任せるわけです。

親族の方が無理をいいやすい

月末~月初や年末~年始、決算期など経理業務は特定の時期に作業ボリュームがかさみやすい傾向があります。

これが社員であれば残業代もかさみますし、あまり無理な稼働を強要するとトラブルにもなりかねません。

もちろん、親族であってもキャパシティの上限はあるとはいえ、経営陣に含まれる親族であれば、普通のスタッフよりも無理を頼めるというものです。

対応業務で比較!
「おすすめの経理代行会社」を
確認してみる

経営者にとって親族に経理を任せることによるマイナス要因

創業時、とりあえず親族に経理を任せたとして、それが恒常化してしまうと上で触れたようなメリット的な面だけでなく、デメリットともいえるマイナス要因が出てきます。そうした注意すべきポイントを以下にまとめてみます。

専門知識やスキルが足りなくても担当替えしにくい

運よく親族に経理のスペシャリストがいればまだいいのですが、急場しのぎ的にスタートした経理担当を長期間続けさせた場合、必ずしも本人の適性とマッチせず、年数を経てもスキルアップしないケースも多々あります。

会社側の意向だけでは担当替えしにくい

親族の仕事ぶりに満足いかないからといって、ビジネスライクに担当替えできるかといえば、親族であるが故に難しい側面もあります。

他人であれば上司と部下として業務命令するところ、身内だとそうもいかず心象を害すれば人間関係を壊しかねません。

経理代行にアウトソーシングすることで改善されるポイント

これまでは親族に任せていた経理業務を、これからは経理代行にアウトソーシングすることによる改善ポイントをまとめてみましょう。

あなたにおすすめの経理代行業者

このサイトで注目するのは、経理業務をまとめて任せることができる代行会社です。

ただし、経理代行といっても代行会社によって特徴が様々で、対応できること・対応できないことがあります。 ここでは、多岐にわたる経理業務を丸投げできる経理代行会社をピックアップしています。

依頼方法として「アウトソーシング型」と「常駐型」の2パターンに分かれますが、
今回は、『様々なパターンの経理代行業務に対応できるアウトソーシング型の会社』『専任スタッフの派遣常駐を得意とする常駐型の会社』をそれぞれ1社ずつ紹介していきます。

アウトソーシング型が得意
経理業務に割きたくない社長へ
TOKYO経理サポート

TOKYO経理サポートHPキャプチャ

税理士運営の会社。社長応援パックなどの丸投げサービスに加え、さらなる業務効率化に繋がるクラウド化の提案などのコンサルティング業務も評判。

常駐型が得意
丁寧なサポート対応なら
NOC

NOC日本アウトソーシング株式会社HPキャプチャ

30年以上の歴史があり、バックオフィスをすべてサポート。