自社の経営参謀を探せ!経理代行SEARCH » 経理業務のこんな悩みで困っていませんか? » 経理担当が辞めてしまう

経理担当が辞めてしまう

担当が急に辞める時こそ専門家集団の経理代行がありがたい

このページでは社内に経理担当スタッフがいても、その人材が辞める際の業務上の支障に対して、経理代行を利用することで改善できるポイントを紹介します。

中小企業ほど経理担当者が辞めた時のインパクトが大きい理由

成功したベンチャー企業などには、代表者を支える金庫番的な経理担当者がいることもあり、本当に信頼できて会社の経理・財務を任せられる人材が社内にいれば、経営者としても安心であることはもっともな話。

ただ、現実を見てみると中小企業の経理担当者は少人数で、1人しかいないことも珍しくありません。

大企業であれば経理部門の体制が整っていて、休暇や人員不足などで業務が滞ることはありませんが、経理業務そのものが属人化してしまっている会社だと、その人物の不在が会社全体に大きなマイナスのインパクトを及ぼすことにもなるわけです。

このような事態はちょっと冷静に考えればわかることですが、経理の専門スキルを持つ人材は人件費もそれなりにかかりますので、内製化するにしても最少人員での体制となってしまうのは、やむを得ない現実なのでしょう。

対応業務で比較!
「おすすめの経理代行会社」を
確認してみる

中小企業が経理担当者を新規採用することの問題点 1

中小企業が経理担当者を新規採用することで起きる一番の弊害はコレ。

コストや相性などから、スペシャリスト採用は容易でない

2018年現在、転職は売手市場といわれていて、経理関連の有資格者で実務経験が十分なスペシャリストを採用しようと思えば、転職エージェントの活用も含めて、かなりの出費となります。

それでも短期間で辞めた経理担当の穴埋めができる保証はありません。

仮に条件が合う人材が見つかったとしても、実際に入社してからでないと相性はわかりませんし、どうしても一定期間、経理業務が滞ってしまうのは避けられないでしょう。

中小企業が経理担当者を新規採用することの問題点 2

中小企業が経理担当者を新規採用することの弊害で、意外に気づきにくい点がコレ。

経理・財務情報という企業の最重要データを新人に扱わせる

長年一緒に苦楽をともにしてきた経理担当が辞めるとなった場合、スキルは同等レベルの後任者が運良く見つかったとしても、新人であることには変わりありません。いってみれば、会社で一番年次の新しい社員にキャッシュフローや社員の給与を知られるということに対して、不安を感じる経営者も少なくないでしょう。

経理代行にアウトソーシングすることで改善されるポイント

中小企業にとって経理担当者が辞めることのダメージと後任者を採用することの問題点がわかったところで、経理代行にアウトソーシングすることによる改善ポイントをまとめてみましょう。

あなたにおすすめの経理代行業者

このサイトで注目するのは、経理業務をまとめて任せることができる代行会社です。

ただし、経理代行といっても代行会社によって特徴が様々で、対応できること・対応できないことがあります。 ここでは、多岐にわたる経理業務を丸投げできる経理代行会社をピックアップしています。

依頼方法として「アウトソーシング型」と「常駐型」の2パターンに分かれますが、
今回は、『様々なパターンの経理代行業務に対応できるアウトソーシング型の会社』『専任スタッフの派遣常駐を得意とする常駐型の会社』をそれぞれ1社ずつ紹介していきます。

アウトソーシング型が得意
経理業務に割きたくない社長へ
TOKYO経理サポート

TOKYO経理サポートHPキャプチャ

税理士運営の会社。社長応援パックなどの丸投げサービスに加え、さらなる業務効率化に繋がるクラウド化の提案などのコンサルティング業務も評判。

常駐型が得意
丁寧なサポート対応なら
NOC

NOC日本アウトソーシング株式会社HPキャプチャ

30年以上の歴史があり、バックオフィスをすべてサポート。